*

利用は"かんたん決済"なのに、退会はかんたんじゃない?

ここ最近、ネットでの買い物やサービス利用の際の決済方法が色々と選べるようになってきました。振込、クレジットカード払いに加えて、携帯料金と合算という方法がメジャーになりつつあります。
auユーザーにとってはおなじみ、「auかんたん決済」。
auまとめて支払いというガラケー向けの支払いサービスに加え、スマホが普及しはじめて更に追加されたのがauかんたん決済でした。



今やあらゆるサイトで重宝されるauかんたん決済。しかし、サービス開始当時は携帯に関するサービスの利用料しか払えず、縁がなかった人も多いはずです。
まず、利用料には大まかに2種類の課金方法があります。毎月継続で月額料金を払うタイプと、買いきりでその時だけ利用料を払うタイプ。
サービス開始当時の継続利用タイプには怪しい占いサイトだとかサイトくらいしかなく、興味本意で覗くには高すぎました。買いきりのゲームも遊べる内容に対しての料金が割高に感じられ、手を出しませんでした。
スマホが普及したばかりの頃はまだ、ビジネスマン以外の携帯料金は通話料含めても合計5000円以内が当たり前の時代。
通話料もauかんたん決済利用料も、なるべく節約するのが賢いユーザーとされていました。子どもが操作ミスで高額課金したニュースもよく流れていましたね。
いくらauかんたん決済が便利だとしても、手元に物として残らないサービスへの支払いにはネガティブになる人の方が多かったのです。
しかし、スマホによって通信料定額プランが当たり前となり、携帯を一人一台必ず持つ時代になると、auかんたん決済もその変化に合わせてどの年代もとっつきやすい「普段のお買い物」の決済方法として広く普及していきました。
ここまで聞くと良いことずくめなauかんたん決済ですが、気をつけて利用しないと痛い目を見ることになります。
そう、昔から変わらず存在する「月額課金」コンテンツ。
利用し始めるときはボタン一つ(スマホならタップ一回)で大丈夫なのですが、止めようと思ったときが大変なのです。
まずどこのサイトも、退会メニューがわかりづらい位置にあること。まるで長い契約約款の端の方に書いてある注意書きのように、不親切でわかりづらい操作を強いられます。大体は長いトップページの最下部にあります。
私も退会する際は苦労しました。私の場合はサイトに退会や解約という表示のメニューが何故か無く、それならばとコールセンターに電話したほどです。
その昔、EZ有料情報サービスがポピュラーだった頃はコールセンターで解約もしてくれた為そのノリで電話しましたが、なんとauかんたん決済では対応できないとの回答。
コールセンターのお姉さんはとても丁寧に対応してくれましたが、悪質なサイトに段々とイライラ、うんざりしてきて「まぁ、300円くらいならいいやもう」と諦めたのは苦い思い出です。
しかもサイトによっては、解約月の料金は日割りだったり、たった一日でも月を跨げばしっかり全額請求だったりとまちまちです。
「月を越しちゃったから来月解約するか」と思ってつい忘れて翌月も課金、なんてことも...。きっとこの月額課金被害者は今も昔も変わらず存在しているはずです。
アプリ購入やショッピングサイトでの利用であれば、手間が省けるauかんたん決済。年々、操作は非常にかんたんになってきているのに、月額サービスの退会が昔と変わらず難しいのは腹立たしくも、そしてちょっと懐かしくもあるのです。
タグ :


コメントする